エッジ効果のはたらき

2015.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

滑り難さを高めるには摩擦力が重要ですし、タイヤやチェーンは路面との摩擦が欠かせませんから、商品を開発する場合は形状に注意を行い、長期的に性能を発揮出来る製品を販売しています。
タイヤの形には理由があり、メーカーによって研究成果が活かされているので、違いが個性に繋がり商品やメーカーを判断出来ますが、基本的には同じ目的で形が考えられています。

 

エッジは路面に刺さる事が大切なので、鋭角な形状をタイヤに刻み路面での働きが期待されますし、摩擦力と共にブレーキ性能を発揮する為の役割がありますから、新品のタイヤである程高い効果が発揮されます。
摩耗すると角が丸くなりますし、路面に対しての力が弱まりますから、長期の使用でタイヤは劣化するので、タイヤの状態を見て使用の継続を判断する事が大切です。

 
季節を限定したタイヤの利用であれば、使用される期間は限定的な物ですが、状態の確認は常に行う事が重要ですし、必要な場面で能力が発揮されなければ事故に結び付きます。
車の性能を引き出す為にもタイヤが重要な価値を持ちますから、冬場の路面は特に凍り易く滑るので、路面状態に適した新品のタイヤを活かす事が安心のドライブを実現します。

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。